永久脱毛は病院で受けるべきなの?

永久脱毛は美容サロンなどのほかにも美容整形外科をもつ病院でも施術が受けられます。
それぞれによってメリット・デメリットはあるのですが、「病院で受けるべきなのか」と聞かれれば「リスクが心配なのであればYES」ということが答えになります。
現在の永久脱毛は基本的にレーザーなどの光エネルギーを用いたものが多いのですが、これは使い方を間違えると火傷を引き起こすこともあります。
また使い方が正しくともそれぞれの人の体質や皮膚の状態によって皮膚トラブルが引き起こされることもあり、医療施設ではないサロンではこのリスクに対処が出来ないのです。
もちろん最低限の応急処置などは出来るでしょうが、本格的な治療になると結局医療機関を受診してもらうということになるでしょう。
しかし病院であれば永久脱毛の中でなんらかのトラブルがあってもそこで対処してもらえるわけですから、皮膚トラブルのリスクは非常に小さなものになります。
その分価格に関してはサロンよりも高めになることが多いのですが、もともと皮膚が弱い人や万が一のリスクにも備えたいというようであればこちらを選んだほうが良いでしょう。

病院で確実に行う永久脱毛

脱毛はエステやサロンで行うイメージがありますが、永久脱毛ができるのは病院だけです。
皮膚科や美容外科などで行う脱毛は、医療用のレーザーを使って施術を行います。
黒い色に反応するレーザーで、皮膚の上から当てるとお肌へはほとんどダメージを与えずに毛に集中して向かっていき、毛の生える細胞を破壊するのが永久脱毛の仕組みです。
自宅で使うシェーバーやカミソリは皮膚の上の毛しか処理できないので、何度も自己処理を繰り返さなければいけません。
また、エステではレーザーを使うことができないので、代わりにフラッシュや光と呼ばれる方法で施術をしていますが、細胞を壊すことができません。
そのため、一度毛がなくなったと思ったのに、再び毛が生えてきてしまうこともあります。
ムダ毛を確実に脱毛したいときは、病院での永久脱毛が効果的です。
費用は一時的にかかってしまいますが、一度脱毛すれば、ムダ毛に関する悩みから解放され、自己処理でお肌を傷つけることもなくなります。

pickup


ファクタリング 会社

Last update:2019/9/24

Copyright c 2015 Eternal depilation Guide. All rights reserved.